部門のご紹介 部門のご紹介

部門のご紹介

看護部

ご挨拶

山下 知子

名前

看護部長山下 知子

江藤病院看護部は経営理念である奉仕・誠実・笑顔の精神を忘れず「優しい看護」提供しています。患者様や御家族様の心に寄り添い、思いの先を予測でき、手を差し伸べられる看護を常に心がけています。他職種と円滑な連携を図りながら、患者様が安心して社会復帰ができるよう支援いたします。
また医学の進歩や社会情勢に柔軟に対応できるよう各研修にも積極的に参加し、自己研鑽にも努めています。特定看護師による特定行為や糖尿病指導士による退院指導等、訪問看護師による24時間対応等、柔軟な対応ができる看護を行っています。H29年11月1日~リニューアルオープンし、心新たに、さらに地域の皆様に愛され続ける「優しい病院」目指していきます。

看護部理念

私たちは
あたたかい手と寄り添うこころで
「優しい看護」をめざします。

看護部基本方針

  1. 私たちは、安全で安心される人間性豊かな看護をめざします。
  2. 私たちは、皆様に満足していただけるよう、心に寄り添い、向き合った看護をめざします。
  3. 私たちは、職責を自覚し、質の向上をめざした看護サービスを提供します。
  4. 私たちは、地域との連携を図り、円滑なチーム医療を推進します。
  5. 私たちは、お互いの人格を尊重し、守秘義務を果たします。
  6. 私たちは、皆様が心から満足できる終末期のお手伝いをさせていただきます。



特定行為研修 修了看護師

2015年10月から、「特定行為に係る看護師の研修制度」がスタートしました。この研修を修了した看護師は、「特定行為」として定められた一部の医行為について、医師の手順書に基づき、自らの判断で行うことができるようになりました。
4人に1人が75歳以上になる超高齢化社会に向けて、最も対応に迫られる分野の一つが、医療です。慢性期疾患を抱えた患者様が増え続けていくこれからの時代を見据え、当院では、入院、外来、施設、在宅それぞれに「特定看護師」を配置しています。
人工呼吸器管理、感染管理、糖尿病管理、栄養及び水分管理、創傷管理、神経症状管理などの分野を修了しており、褥瘡処置や気管カニューレの交換、脱水補正、インスリン投与量の調整など、医師と看護師の中間職種として活動しています。より迅速に安全に、地域の皆様に安心して頂ける慢性期医療が提供できるよう、努めて参ります。

当院の特定行為研修修了看護師


ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0885-37-1559
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る